太陽光発電で自家消費についてご提案。

赤嶺電研企画問い合わせ先 太陽光発電のグリッドパリティ時代が参りました 今まで主流のFIT制度利用の太陽光発電の電力買取額は来年22~20円台/KWhまで下がります。 この額をどう評価なさるでしょうか? 高いとお思いの方、一度、自社の電力料金票をご確認下さい。 お問い合わせは弊社まで! にほんブログ村から弊社「太陽光発電で第二の年金.jp」もどうぞご覧くだ…

続きを読む

自家消費用の太陽光発電の発電コストと、電力からの買電コストどちらが安いのでしょうか?

赤嶺電研企画問い合わせ先 結論から言いますと、電力デマンド管理などをなさっていない会社様では 太陽光発電の発電コストの方が安い可能性が高いです。 NEDOのデータでは、全国的な太陽光発電の年間発電量の平均は1000KWh/KWです。 現在FIT型の50KW程度の設備で20万円(税抜)/KWぐらいが相場です。(場所や設置条件や既存設備の設備状態によります)これから10年間に発電する…

続きを読む

太陽光発電と比較するべき、正しい電力会社からの買電コストの考え方。

赤嶺電研企画問い合わせ先まず結論から。基本的に自家消費用の太陽光発電の発電コストには「基本料金」がありません。 「基本料金」がマジックの元なのです デマンド管理なさっている会社様には釈迦に説法ですが、 電力会社からの買電コストは(「基本料金」+「従量料金(コレがKWh使用量です)」±「燃料調整費」+「再エネ賦課金」)÷電力使用量(=KWh)なのです。 これが、20円/KWh以下の会社はか…

続きを読む